老人ホーム経営を成功させるポイントは?経営の現状、メリット・デメリットなど解説

老人ホーム経営を軌道に乗せるには、どのようなことを意識すればいいのでしょうか。この記事では、老人ホーム経営を考えている人に向けて、経営に向いている人の特徴や老人ホーム経営の現状などを解説します。老人ホーム経営のメリット・デメリットとともに、成功させるポイントも解説するため、ぜひ参考にしてください。

老人ホームを経営するには

老人ホームを経営するには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、具体的な方法について解説します。

老人ホーム運営を介護事業者に委託する

何もない状態から老人ホームを開業する場合、運営は介護事業者に委託できます。自分自身が老人ホームのオーナーになり、介護事業者に土地や建物を貸し出して収入を得る仕組みです。運営そのものに携わる必要がないため、老人ホーム運営についてノウハウがなくてもスムーズに収益を得られます。

老人ホーム経営が注目されている理由

老人ホーム経営が注目を集めているのは、長期的に安定した土地活用が行えるためです。よって、もともと土地を所有している人が老人ホームの経営を始めるケースがよくみられます。

老人ホーム経営は、他の土地活用の方法と比較しても安定して効率的に収益を得られる方法です。所有している土地が駅から離れていても運営しやすく、老人ホームの種類によっては税制上の優遇措置が受けられることもあります。さらに、地域貢献にもなり、さまざまなメリットがあります。

老人ホーム経営が向いている人

老人ホーム経営が向いているのは、もともと自分が所有している土地を活用したい人です。また、税金の優遇措置を利用して節税効果を得たい人にも向いています。自分の事業を通して社会貢献したい人も、老人ホーム経営は選択肢のひとつです。

なお、介護福祉経営士という資格を取得すると、介護福祉事業を営むために必要な経営手法やマネジメントなどの知識があることを証明できます。以下では、老人ホームを経営するうえで知っておきたい基礎知識を解説するため、参考にしてください。

老人ホーム経営の現状・今後

介護福祉事業の需要はどんどん高まっており、老人ホームの数や老人ホーム経営を検討している人は増えています。その反面、介護福祉事業から撤退する企業も増加傾向にあるため、老人ホームを経営する際は適切な運営を意識しなければなりません。

競争が激しくなっており、空床が増えたり人材不足になったりしている老人ホームもあります。今後は訪問介護、在宅介護、デイサービスなどの需要も増えると予測できるため、幅広い視野で事業内容を考える必要があります。

老人ホーム経営のメリット

老人ホームを経営すると、さまざまなメリットがあります。メリットについて、以下で解説します。

長期的な安定収益が見込める

老人ホーム経営は、長期的に安定した収益を出せる可能性があります。土地活用の方法はさまざまですが、その中でも老人ホーム経営は長期的な目線で取り組めるでしょう。長期契約で土地や建物の賃貸借契約を結ぶため、収益が安定します。また、相続税対策としても有効であり、節税の効果を期待できます。

介護福祉事業に対する需要は高く、利用者も獲得しやすいことがメリットです。利用者が多くなるほど、収益を増やせます。

社会貢献でき将来性にも期待できる

老人ホームは、高齢者が安心して暮らすために役立つ施設です。また、老人ホームを作ると、雇用も生み出せます。老人ホーム経営はさまざまな角度から社会貢献ができます。老人ホームに対する需要は今後ますます高まっていくと考えられるため、事業としての将来性にも期待できるでしょう。

賃貸住宅に不向きな場所でも補助金で初期費用を抑えられる

駅から遠い土地は、賃貸住宅には不向きです。しかし、賃貸住宅に適さない場所でも、老人ホーム経営なら成功させられる可能性があります。特に老人ホームが不足しているエリアの場合、アクセスしにくい場所でも入居を希望する人はたくさん集まります。

さらに、老人ホームの種類によっては補助金を活用でき、初期費用の抑制が可能です。補助金を受け取りたいなら、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を選択しましょう。

老人ホーム経営のデメリット

老人ホーム経営には、デメリットといえる部分もあります。具体的なデメリットについてくわしく解説します。

利益が出づらい

老人ホーム経営は、利益が出づらいともいわれています。老人ホームの運営には人件費が多くかかり、介護報酬のみでは人件費をまかない切れないケースが多いためです。介護報酬は国の方針によって増減される場合がある点にも注意しましょう。

老人ホーム経営で利益を出すには、入居一時金やサービス利用料などを設定するのもひとつの方法です。ただし、費用が高すぎると利用者を集めにくくなります。

空床を埋められない場合がある

介護福祉事業に対する需要は高まっているものの、必ずしも老人ホームの空床をすべて埋められるとは限りません。なるべく自力で生活を続けたいと考える高齢者が増えており、それを実現できる施設との間で競争が激しくなっているためです。

また、老人ホームに入居したくても、一時入居金を支払えない人もいます。高額な一時入居金を支払ってまで入居したくないという人もいるでしょう。

委託先の事業者探しや人材確保・スタッフの管理が必要

老人ホームを運営するには、委託先の事業者を探す必要があります。営業実績があって信用できる事業者をみつけるには、慎重な判断が不可欠です。老人ホームは人手不足の傾向があり、人員を確保するのは簡単ではありません。採用や人員配置などをなるべくスムーズに行える、事業者を見極めることが大切です。

初期費用がかかり、他の事業への転用が難しい

老人ホームを開業するには、建築費、設備費、保険料などのさまざまな初期費用がかかります。老人ホームの建物の構造にはさまざまな条件があるため、高額になる場合も多いです。建物を他の事業へ転用しにくく、途中で辞めるのが難しい可能性もあります。

また、入居後に入居者の介護レベルが上っていくケースもあり、その場合の対応についても想定しておかなければなりません。

老人ホームの種類

老人ホームにはさまざまな種類があります。ここでは、それぞれの特徴について解説します。

1.住居型有料老人ホーム

住居型有料老人ホームは、日常生活をサポートする施設です。食事、洗濯、掃除など身の回りのことを支援しています。自立度の高い高齢者を対象としており、入居後に介護が必要になった場合は地域の訪問介護サービスを利用できます。一般の住宅と変わらない部屋に住めるため、それまで通りの生活を維持したい高齢者から人気です。

2.介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、日常生活に加えて介護のサポートをしている施設です。スタッフが24時間常駐しており、入居者の様子を常に見守っています。介護付き有料老人ホームを運営するには、介護保険制度における「特定施設入居者生活介護」の指定を都道府県から受ける必要があります。

3.健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、介護のサポートが必要ない高齢者を対象としている施設です。ただし、食事を支援するサービスは設けられます。入居後に介護が必要になった場合、基本的に退去しなければなりません。民間企業が運営しており、施設によって価格に大きな差があります。

老人ホーム設立に必要な基準

老人ホームを設立するには、経営基盤がしっかりしていることが条件となります。ただし、老人ホームの種類によっても、具体的な基準は異なっています。たとえば、介護サービスがついている老人ホームを運営する場合は、利用者の人数に応じて有資格者を配置しなければなりません。

また、廊下の幅や個室の面積などにも基準が設けられています。周辺の環境が高齢者の生活にとって安全であるかも重要です。また、運営体制についてもさまざまな基準が設けられています。

老人ホーム設立時の流れ

老人ホームを設立する際は、まず設立プランを立てましょう。そのうえで、開業資金を準備し、市区町村の担当課に相談しながら手続きを進めます。都道府県に届け出をして認定を受けられれば、老人ホームの設立が可能です。法人を設立して介護職員の人材を確保したり、備品を準備したりする必要があります。

設置届を提出して正式に受理されたら建設工事を進め、入居者の確保についても検討しましょう。

老人ホーム経営成功のポイント

老人ホームの経営を成功させるには、老人ホームについて理解を深める必要があります。介護や介護報酬についてもくわしい知識を身につけましょう。地域のニーズを把握し、最適な老人ホームの種類を選ぶことも大切です。介護事業者に委託するなら、実績やサービス内容の見極めも必要です。建物を貸す場合は、長期的に安定した契約を結ぶようにしてください。

さらに、自治体や介護事業者との情報共有も大切です。入居者の介護レベルが変化した場合の対策も、あらかじめ考えておくと安心できます。さまざまな状況に対応するには、人材確保も重要な課題です。経営を安定させるには、入居者と人材の両方をしっかり確保する必要があります。

まとめ

老人ホーム経営は土地活用の方法として注目されており、今後も高い需要を見込めます。老人ホーム経営を始める場合は、メリットとデメリットの両方を確認したうえで準備を進めましょう。

入退室管理システム 入退くん」は、1人あたり月額55円の業界最安価格で利用できます。30日間無料でお試しができ、初期費用は無料です。LINE通知に対応しており、入退室管理から勤怠管理まで網羅しています。老人ホーム経営をスムーズに経営するために、ぜひ活用してください。