元塾講師が解説!教え方のコツについて

著:まつむし
公立小学校教諭として6年間、塾講師として3年間、小~高校生まで幅広く指導。大学では子どもの教育を心理面から支える「教育発達学」を専攻。

塾講師の仕事をしているという方は多くいると思います。生徒の成長が感じられて、とてもやりがいがありますよね。

とはいえ、

  • なかなか上手に指導ができない
  • 生徒に勉強を楽しく感じてもらうためにはどうしたら良いか

といった悩みを持っているかもしれません。

そこでこの記事では、元塾講師の筆者が指導のコツについて詳しく解説していきたいと思います。

記事の内容を意識することで、楽しく勉強を教えることができるようになることでしょう。

3分程度で簡単に読むことができますので、ぜひ見てみてください。

コミュニケーションをしっかりと取る

まず1番大切になってくるのが生徒とのコミュニケーションです。

塾講師の仕事がうまくいかないと、多くの人は最初に指導の仕方を改善しようとしがちです。教材研究にたくさん力をいれたり、話し方を変えたりするといったところです。

もちろん上記の内容も大切ですが、基本的な生徒との関係ができていなければどれだけ良い指導をしても効果は薄くなってしまいます。ですので、まずはコミュニケーションを意識していくようにしましょう。

多くの塾では授業前や授業の間に休み時間が設けてあります。塾講師としては1人でゆっくりと休みたくなる時間かもしれませんが、休み時間を生徒とのコミュニケーションに充てることで授業内での指導が格段にしやすくなります。

うまく教えるためには、小手先のテクニックを学ぶ前にコミュニケーションの土台をしっかりと作っておくことが大切です。

教材研究をしっかりと行う

コミュニケーションの土台ができてきたら、次は教材研究に力を入れていきます。

教材研究とは、講師が指導内容について前もって調べておくことです。当然ではありますが、指導する内容を講師があらかじめ分かっていないと良い教え方はできませんね。必ず行っておくようにしましょう。

塾によっては教材研究をする必要がなく、いきなり授業を行うことができるケースもあります。また教材研究の時間は手当がつかないこともあるので、わざわざ行うモチベーションが上がらないかもしれません。

しかし、入念に教材研究を行うことで格段に教えやすくなりますし、自身の塾講師としての評価も上がります。良いことがたくさんあるので、教材研究を行うメリットはとても大きいのです。

勉強をするメリットが分かるようにする

生徒が「なぜ勉強するのか」についても、しっかりと伝えられるようにしましょう。

生徒にとって勉強する理由がわからないと、どうしてもモチベーションが下がってしまいがちだからです。

例えば「ただ英語を勉強する」というとやる気も出ないし、面倒に感じてしまうこともあります。しかし、「1ヶ月後に海外で生活する」となれば必死で英語を勉強するのではないでしょうか。

そんな風に、学ぶメリットや意味が明確だとやる気が出やすくなるのです。

まずは生徒に、勉強するメリットをしっかりと伝えるようにしましょう。

大きな目標でなくても構いません。例えば「受験」を控えているお子さんであればそれを使うのも1つの手です。

自分の行きたい高校に通うことができれば、楽しい学校生活が待っていることでしょう。

自分が目指す大学に合格すれば、興味のある内容を専門的に学ぶことができます。

「英語」を学べば、将来は世界中の人と一緒に仕事ができるかもしれません。

「理科」を学習すれば、研究職の仕事ができるようになるかもしれません。

勉強することでどんなメリットが得られるのかが分かれば、大変なことであっても乗り越えることができるようになります。

生徒がやる気をもてるようにする

生徒が常にやる気をもって学習できるようにしていくことは大切です。勉強のやる気が下がってしまうと、どうしても学習効率が悪くなってしまうからです。

基本的に塾に通う生徒の中には、勉強が好きでない人も多くいます。こういったお子さんを奮い立たせることができる講師は、とても貴重だといえます。

コツとしては、以下のようなものがあります。

生徒にやる気を持たせるコツ
  1. お子さんを褒める
  2. スモールステップを設定する

1. お子さんを褒める

1つ目は、お子さんはたくさん褒めるということです。

心理学用語で「ピグマリオン効果」というものがあり、褒められて他人から期待されると学習の成果が上がるというものがあります。

実際に自分に置き換えてみても、褒められる時と叱られ続ける時ではどちらの方がやる気が出るでしょうか。多くの方は褒められれば、さらにやる気が湧いてくるはずです。

まずは生徒さんの良い部分をたくさん見つけて、褒めるように心がけましょう。

2. スモールステップを設定する

他にも「スモールステップ」を設定するのも、お子さんにやる気を持たせる上で良い方法です。

スモールステップは小さな目標を設定していくということです。勉強に取り組むのを嫌がっているお子さんには、特に効果的な方法です。

例えば最初は「ノート1ページ・問題を1問だけ解く」などの目標でも良いかもしれません。大切なのは、確実に達成できる目標を設定してあげることです。

毎回目標を達成することで、お子さんの自己肯定感も上がりやすくなります。勉強に取り組むことにも、抵抗がなくなってくるはずです。

目標を達成することができたら、少しずつレベルを上げていくようにしましょう。こうすることで、お子さんが確実に成長できるようになります。

生徒に合った方法を考える

塾講師が教え方を改善しようとすると、「教材・話し方」など自分に関することを改善しようとする傾向があります。

それ自体は良いことですが、生徒1人ひとりに向き合ったものであるのかをしっかりと見直していくようにしましょう。

たとえば、教材については生徒に合ったものになっているでしょうか。基本的な内容をじっくりと学びたい生徒もいれば、難しい問題をガンガン解きたい生徒もいるはずです。

また話し方については「ゆっくり話すのが良い」と言われがちですが、スピーディーな授業でサクサクと学習を進めたいと考えている生徒もいます。

大切なのは、目の前の生徒がどんな授業を求めているかをよく知ることです。生徒のニーズにあった授業を意識できれば、指導力を飛躍的に上げることができるようになります。

1人学習での内容を決める

塾講師として、良い授業を行うことはとても重要です。しかし、授業で勉強する時間は生徒にとってほんの一部です。

大切なのは、生徒が授業以外の時間にどれだけ自力で勉強するかということです。塾での授業以外の時間にも勉強をしなければ、学力を上げることは難しいでしょう。

反対に、塾で学習した内容をしっかりと復習し1人でもしっかりと勉強できるお子さんは大きく成長することができます。

「宿題」を与えて、1人で勉強する内容を設定しているケースもあります。

しかし宿題だけでなく、どんなジャンルの学習が必要なのかを具体的に説明することで宿題以外にも意欲的に取り組むことが期待できます。

生徒にとっても、講師が自分にしっかりと向き合ってくれていると感じるので信頼関係がアップしやすくなります。

しっかりと生徒に向き合いながら、1人での学習についても具体的にアドバイスしていくように心がけましょう。

まとめ

塾講師をする上で、指導力を向上させたいというのは多くの方が考えることです。

しかし、なかなかうまくいかずに困っている方もいるかもしれません。

私は塾だけでなく学校などさまざまな現場を見てきましたが、教え方が上手な講師は今回の記事にあるような内容を実践していることが多くありました。

ちょっとした心がけで、生徒の学力が大きく変わることもあります。 ぜひ生かしてみてはいかがでしょうか。

塾に通う生徒の満足度を上げるには、教え方の改善の他にも様々な方法があります。

BPS株式会社の「入退室管理システム 入退くん」では、学習塾向けの入退室管理システムを提供しており、塾通いに対する保護者の安心感をさらに高めることができます。1人あたり月額55円から利用できるため、ぜひお試しください。

入退室管理システム 入退くん