ピアノ教室の集客を成功させるには?ポイントや具体的な集客方法について解説

ピアノ教室にたくさんの生徒を集客するためには、ピアノを習いたいと思っている人の状況をよく考える必要があります。

この記事では、ピアノ教室を開業している人やこれから開業しようと考えている人に向けて、ピアノ教室の集客方法を解説します。集客を成功させるコツについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

ピアノ教室の集客がうまくいかない原因

ピアノ教室の集客がうまくいかない場合、どのような原因があるのでしょうか。具体的な原因について解説します。

指導力と集客力を混同している

指導力が高ければ、自然に生徒が集まると考えている人も多いでしょう。たしかに、レッスンの質が高いピアノ教室には、口コミによって自然と生徒が集まってきます。

ただし、集客力は指導力だけで決まるわけではないのも事実です。生徒がなかなか集まらないとしても、指導力が欠けているとは限りません。ピアノ教室に生徒を集めるためには、指導力と集客力は別物として考えることが大切です。

生徒にあわせた集客をしていない

ピアノ教室に通いたいと思っている人は、情報収集を行っています。情報収集の手段は変化しているので注意が必要です。最近はインターネットやスマートフォンの普及に伴い、地域のピアノ教室でもオンラインで情報を探す人が多くなりました。

したがって、ピアノ教室の集客力は、インターネットを活用した情報発信力に大きく左右されるようになっています。ピアノ教室の集客を成功させるためには、インターネットの活用が必要不可欠です。

ピアノ教室の集客のポイント

ピアノ教室の集客においては、生徒がどのような流れでピアノ教室へ入会するか意識する必要があります。生徒はピアノ教室の存在を知ってすぐに入会を希望するわけではありません。他のピアノ教室と比較したうえで、最終的にどのピアノ教室に通うかを決めています。

生徒の多くはスマートフォンを活用して情報収集を行っています。インターネットで検索したときに、魅力的な情報が目に入るように工夫することが大切です。入会の決め手になるような情報をしっかり届けられるようにしましょう。

インターネットを活用したピアノ教室の集客方法

インターネットを活用する集客方法は複数あります。ここでは4つの方法を解説します。

インターネットを活用した集客方法
  1. ホームページ
  2. ブログ
  3. SNS
  4. 地図情報サイト

ホームページ

ホームページを作って宣伝しているピアノ教室も増えています。ホームページには、コースの種類、レッスンの内容、料金などの情報を具体的に示しましょう。また、実際にピアノ教室に通っている生徒や保護者の声も掲載すると、興味をもってもらえます。講師からのメッセージを掲載したり、演奏動画を載せたりするのも効果的です。

ホームページの内容を充実させると、ピアノ教室を探している人に「ここでレッスンを受けてみたい」と思ってもらいやすくなります。

低価格でホームページを作成できるサービス

ブログ

ブログは、基本的にホームページと一緒に運営しましょう。ホームページでは教室の基本的な情報を伝えられるのに対し、ブログでは教室や講師の雰囲気をアピールできます。日々のレッスンの様子やイベントの開催状況などを紹介すると、ブログを読むだけで具体的にどのようなピアノ教室なのかイメージしやすくなります。

生徒や保護者に関する内容も掲載すると、しっかりコミュニケーションがとれていることをアピールできるでしょう。

SNS

SNSでピアノ教室のアカウントを作り、情報発信するのもひとつの方法です。スマートフォンが普及して以来、SNSを使ってピアノ教室に関する情報を探す人も増えてきました。Instagram、Facebook、TwitterなどさまざまなSNSがあるので、それぞれをうまく活用してください。SNSは短い文章で簡単に投稿できるため、気軽にさまざまな情報を発信できます。

各SNSの法人向け紹介ページ

地図情報サイト

利用者の多いGoogleやYahoo!の地図アプリはもちろんのこと、Google検索やYahoo!検索での検索結果で店舗を掲載することができます。

決められたフォーマットに従って情報を入力して無料で手軽に作成することができます。作成した店舗情報に対して誰でも口コミが書き込めるため、口コミで高評価を得ることができれば、より集客に役立てることができます。

登録先主な表示場所
Google マイビジネスGoogle 検索、Google マップ
Yahoo!プレイスYahoo!検索、Yahoo! MAP、Yahoo!ロコ

その他のピアノ教室の集客方法

ピアノ教室の集客方法としては、インターネット以外にもさまざまなものがあります。従来から活用されている集客方法も上手に組みあわせることが大切です。ここでは、その他のピアノ教室の集客方法を解説します。

チラシ

ピアノ教室の集客方法は、もともとチラシが主流でした。チラシを作って教室の周辺の住宅にポスティングしたり、新聞への折り込みを利用したりする方法があります。一定の地域に対して集中的に情報を伝えられるため、効率的な宣伝が可能です。チラシからホームページやブログへ誘導すると、スムーズに多くの情報を伝えられます。

ポスター

ピアノ教室のポスターを作り、目立つ場所に掲載する方法もあります。たとえば、地域の掲示板や近隣の店舗にポスターの掲示を依頼すれば、周辺住民へピアノ教室をアピールできます。多くの人に興味をもってもらうためには、ターゲットがよく訪れそうな場所にポスターを掲示することが重要です。

看板

看板は単に教室の場所をわかりやすくするだけでなく、宣伝にもつながります。ピアノ教室の存在を周囲からわかりやすくし、通りかかった人に知ってもらいましょう。普段から近くを通りかかる人なら、ピアノ教室にも通いやすいです。

また、広告として目立つ場所に看板を設置してもらい、アピールする方法もあります。

イベント

定期的に演奏活動やコンサートなどを行うと、ピアノ教室について知ってもらうきっかけになります。実際に講師や生徒が演奏するので、ピアノを習いたいと思っている人にピアノ教室のレベルを確認してもらえます。イベントそのものも収益化できるため、さまざまな工夫を取り入れて多くの人が楽しめるイベントを開催しましょう。

ピアノ教室の集客を成功させるコツ

ピアノ教室の集客を成功させるには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、具体的なコツについて解説します。

情報を出し惜しみしない

ピアノ教室について宣伝する際は、さまざまな情報を発信しましょう。教室についてくわしい情報を知ってもらわないと、入会を検討してもらえません。教室に関する情報は出し惜しみせず、ピアノ教室について調べている人が求めている情報をすべて提供することが大切です

具体的には、レッスンの料金、講師の経験、所在地などの情報をわかりやすく示す必要があります。くわしい情報がわかれば、ほかのピアノ教室とも比較しやすくなります。

教室の特徴をわかりやすく示す

ほかのピアノ教室と比べて特徴がない場合、なかなか選んでもらえません。アピールするためには、ピアノ教室独自の特徴をしっかり示すことが大切です。なるべく具体的な特徴を提示しましょう。

たとえば、ピアノ教室でこれまで指導してきた生徒の総数や年齢層などの情報を示すだけでも、十分なアピールになります。また、生徒が継続してレッスンを受けている年数なども示すと、長く通えるピアノ教室だというイメージがつきやすくなるでしょう。

生徒にとってのメリットをアピールする

ピアノ教室の講師に立派な経歴があっても、それだけで生徒が集まるわけではありません。もちろん、生徒はなるべくスキルの高い講師にピアノを習いたいと思っています。しかし、それよりも重要なのは、レッスンを受けてピアノを上手に演奏できるようになることです。

ピアノ教室の集客をスムーズに行うには、ピアノ教室に通うと生徒にとってどのようなメリットがあるかを具体的に示す必要があります。

ピアノ教室を効率的に運営するには?

ピアノ教室を運営するうえでは、生徒への指導以外にもさまざまな業務に対応しなければなりません。集客のための宣伝も、指導以外に力を入れるべき業務のひとつです。

ピアノ教室を効率的に運営するには、システムを導入して業務の負担を軽減するのがおすすめです。たとえば、入退室管理システムを導入すれば、生徒が増えても管理に手間がかからなくなります。生徒の指導に専念するためにも、システムを上手に活用しましょう。

まとめ

ピアノ教室の集客方法はさまざまあります。インターネットによる集客が一般的になっているので、生徒の状況を考慮しながら最適な方法で情報を発信しましょう。

ピアノ教室で生徒の集客がうまくいったら、入退室管理システムなどを活用して業務の効率化も進めましょう。入退室管理システム 入退くんは、習い事で使用できる入退室管理システムを提供しています。初期費用は不要で、月額1人あたり55円で利用可能です。LINE通知にも対応しているので、ぜひ導入を検討してください。

入退室管理システム 入退くん