ピアノ教室を運営するには?必要な準備やポイントをまとめて解説

ピアノ教室を運営するためには、事前にさまざまな準備を整えておく必要があります。

この記事では、ピアノ教室を運営したいと考えている人に向けて、ピアノ教室を運営する方法を解説します。ピアノ教室の運営を成功させるためのポイントも解説するので、ぜひ参考にしてください。

ピアノ教室の運営手法

ピアノ教室は自分で講師を務めるだけでなく、ほかの講師を集めて運営する方法もあります。ここでは、ピアノ教室の運営手法について解説します。

自分で講師を務める

自分自身にピアノの知識やスキルがあるなら、それを活かして生徒に指導できます。ただし、ピアノ教室を運営するためには、指導だけでなくさまざまな管理業務も自分でこなす必要があります

講師を集めて指導を任せる

自分以外に講師を集め、ピアノの指導を任せるのもひとつの方法です。レッスンの質を向上させやすくなり、自分自身は運営管理に専念することも可能です。大きなイベントも開催しやすいため、ピアノ教室を盛り上げやすくなります。

ピアノ教室の運営のために必要なこと

ピアノ教室を運営するためには、まず方針戦略を決める必要があります。また、教室を確保して必要な物品をそろえ、生徒の管理方法や講師の集め方も検討しなければなりません。

コストをどのように管理するか考えたり、集客に力を入れたりすることも大切です。それぞれの詳細については以下で解説します。

ピアノ教室の運営方法1:経営戦略を練る

ピアノ教室を運営するうえでは、最初に経営戦略を練る必要があります。以下で具体的に解説します。

経営方針を決定する

どのようなピアノ教室を作りたいか考え、経営方針として定めましょう。

なぜピアノ教室を開きたいのかを改めて考えてみると、具体的な経営方針を打ち出しやすくなります。考えを掘り下げたうえで経営方針へ落とし込んでください。

経営戦略や事業計画を策定する

経営方針をもとにし、経営戦略や事業計画を立てます。経営戦略や事業計画は、経営方針に沿ったピアノ教室を開くために重要なものです。どのような取り組みが必要か検討し、目標を定めましょう。目標は、年、月、週、日ごとに細かく定めると取り組みやすいです。

ピアノ教室の運営方法2:教室を開く場所を決める

ピアノ教室を開くには、場所を確保する必要があります。場所の決め方や賃貸物件の選び方について解説します。

自宅と賃貸のどちらにするか決める

ピアノ教室を開く際は、自宅の一部を活用したり賃貸のテナントを借りたりするケースが一般的です。それぞれの特徴を解説します。

自宅

自宅の一部を活用すれば、場所を確保するための賃料がかかりません。ただし、ほかの部屋や近隣の住宅に配慮するための防音工事が必要です。毎月の賃料はかからなくても、初期費用が発生します。その他にもピアノや楽譜、メトロノームなどの備品が必要です。

テナント

賃貸のテナントを借りるケースでは、契約料や賃貸料がかかります。まとまった費用が必要になるので、毎月の売上とのバランスも考慮しなければなりません。また、自宅を活用する場合と同様に、ピアノや楽譜、メトロノームなどの備品も必要です。

賃貸物件の選び方

賃貸のテナントを借りるときは、ピアノ教室に適した環境になっているか確認しましょう。ピアノ教室は騒音トラブルが起きやすいため、防音性が重要です。また、大きなピアノを搬入するためには、間口もある程度以上の広さが必要となります。

ピアノ教室の運営方法3:生徒管理の仕組みを整える

ピアノ教室にはたくさんの生徒が集まるため、どのように管理するか考えておく必要があります。具体的に解説します。

生徒とコミュニケーションをとる

生徒と良好な関係を築き、生徒の状況に応じた指導をするためには、コミュニケーションが重要です。講師と生徒の接触頻度が高ければ、その分だけ信頼度も増すといわれています。生徒と積極的にコミュニケーションをとれるように配慮しましょう。

システムを有効活用する

生徒が多くなってくると、それぞれの生徒の状況を管理するための負担が大きくなります。システムを活用し、効率的に生徒を管理できるようにしましょう。たとえば、入退室管理システムを導入すると、生徒の出席状況も簡単に把握できます。

ピアノ教室の運営方法4:講師を集める

最初は自分だけで指導していても、生徒が増えてくると講師を増やすケースもあります。ここでは、講師を集める際の具体的なポイントを解説します。

生徒のために行動できる講師を選ぶ

優れている講師は単にピアノの知識やスキルが豊富なだけでなく、コミュニケーション能力や目標達成能力も高い傾向があります。生徒の気持ちの変化にすぐ気づき、臨機応変な対応ができる講師を採用しましょう。

講師の個性を活かして起用する

講師によって、能力やモチベーションはそれぞれ異なります。講師の個性を理解して適材適所へ配置し、それぞれが自分の力を最大限に発揮できるよう配慮することも大切です。

教室のビジョンを講師と共有する

ピアノ教室をスムーズに運営するには、講師にもビジョンをしっかり共有する必要があります。それぞれの認識をそろえ、一丸となって同じ目標へ向かえるようにしましょう。

ピアノ教室の運営方法5:コストを管理する

ピアノ教室を適切に運営するには、コストもしっかり管理する必要があります。具体的なコストの管理方法を解説します。

資金繰りを考える

ピアノ教室を自宅とテナントのどちらで開くかによっても、必要な資金の金額は異なります。生徒数によって得られる利益も変化するため、集められそうな生徒数を考慮したうえで確保できる資金を想定しましょう。それにあわせて支出もコントロールする必要があります。

システムを選定する

ピアノ教室では、生徒から月謝を徴収する業務もあります。請求や決済ができるシステムを導入すると、毎月の月謝の徴収もスムーズに行えます。徴収状況も管理しやすくなるため、効率的な運営を実現しやすいです。

税金を支払う準備をする

個人事業主と法人のどちらでピアノ教室を運営するとしても、税金が発生します。売上から経費を差し引いた金額を基準にして税金を計算するため、売上だけでなく経費も正確に把握できるようにしましょう。税理士に依頼して税金を計算してもらうのもひとつの方法です。

ピアノ教室の運営方法6:トラブルに備える

ピアノ教室を運営するなかでは、トラブルが発生するリスクもあります。ここでは、トラブルに備えるための方法を解説します。

クレーム対策を取り入れる

生徒・保護者

生徒や保護者が不満をもつと、クレームが入る可能性があります。あらかじめマニュアルを作っておけば、どのようなクレームにも適切な対処がしやすくなります。

また、単なる感情的なクレームもあれば、教室運営の改善に役立つクレームもあるため、それぞれをわけて対応することも大切です。

近隣

ピアノ教室を開くと、近隣との騒音トラブルが発生するケースもあります。ピアノの音だけでなく、子供の声にも注意が必要です。

教室を開く前に近隣へ挨拶をしに行き、信頼関係を築いておきましょう。問題が発生した場合に備え、マニュアルを作っておくと安心です。

月謝の滞納を防止する

月謝を現金で受け取っていると、支払いをうっかり忘れる生徒や保護者も発生しやすくなります。クレジットカードや銀行口座からの引き落としができるようにし、システムで管理すると月謝の滞納を防げます。

ピアノ教室の運営を成功させるには?

ピアノ教室の運営を成功させるためには、さまざまなポイントがあります。以下で具体的に解説します。

マーケティングや集客に力を入れる

ピアノ教室を開くだけでは、なかなか生徒が集まらない可能性があります。商圏のニーズを調査したうえで、それにあわせたレッスンを用意することが大切です。最近ではインターネットを活用して情報を集める人が多いため、オンラインの集客方法を活用すると効率的に生徒を集められます。

レッスンを充実させる

マーケティングで得られた結果をもとに、魅力的なレッスンの内容を考えましょう。状況によっては、自分が教えたい内容と生徒のニーズとの間にギャップがあるかもしれません。その場合はそれぞれのバランスをとりながらレッスンの内容を考える必要があります。

ピアノ教室の運営のための集客方法

ピアノ教室に生徒を集めるためには、さまざまな集客方法があります。ここでは、具体的な集客方法について解説します。

チラシを配布する

チラシの配布は、ピアノ教室の集客方法として従来から行われてきました。インターネットを活用した集客方法も盛んになっていますが、チラシの配布も一定の効果を期待できます。ほかの方法と組みあわせながら実施しましょう。

ホームページを作る

ピアノを習いたいと思っている人は、インターネットでピアノ教室の情報を収集するケースが多くなっています。ピアノ教室のホームページを作り、レッスン内容や教室の雰囲気を発信しましょう。ホームページなら自由にページを増やせるため、チラシに記載できない内容も盛り込めます。

低価格でホームページを作成できるサービス

SNSで情報発信する

SNSも使用すると、より効果的にピアノ教室について情報発信できます。投稿するのは短いテキストや画像が中心となるため、たくさんのユーザーに気軽に内容を見てもらえます。

各SNSの法人向け紹介ページ

ピアノ教室の集客については、「ピアノ教室の集客を成功させるには?ポイントや具体的な集客方法について解説」で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

まとめ

ピアノ教室を運営するためには、たくさんの準備が必要です。まずは運営したいピアノ教室のイメージを明確にし、どのような戦略が必要か考えてみましょう。そのうえで、生徒のニーズに沿ったレッスンを提供することが重要になります。

ピアノ教室の運営を効率化するためには、入退室管理システムを導入するのがおすすめです。入退室管理システム 入退くんは、習い事や学童向けの入退室管理システムを提供しています。初期費用は不要で月額1人あたり55円の低価格で利用できます。ピアノ教室の運営のために、ぜひ活用してください。

入退室管理システム 入退くん