プログラミングスクールを開業するには?必要なものや開業までの流れを解説

世の中のプログラミングに対する関心が高まってきており、プログラミングスクールの需要は今後ますます高まる可能性があります。

この記事では、プログラミングスクールの開業を検討している人に向けて、開業のための準備について解説します。

開業のパターンや物件の決め方などについても解説するため、ぜひ参考にしてください。

プログラミングスクールに対する需要

Webサイト制作やシステム開発など幅広い分野でプログラミングが利用されています。そのため、自分自身の目的にあわせてプログラミングを学びたいと考えている人も多いです。

小中学校ではプログラミング教育が必修化されたため、子供向けのプログラミングスクールのニーズも高まる可能性があります

ほかの習い事や教室と比較すれば、プログラミングスクールはまだそれほどメジャーではありません。しかし、プログラミングを取り巻く状況を考慮すると、将来的にはプログラミングスクールの競合も増えると考えられます。

プログラミングスクールの開業パターン

プログラミングスクールの開業方法は複数あります。ここでは、開業のパターンについて解説します。

プログラミングスクールの開業パターン
  • 個人経営
  • オンライン
  • フランチャイズ

個人経営

学習塾の場合と同じように、個人でプログラミングスクールを経営する方法があります。事業計画の作成はもちろん、資金調達や集客活動などのすべての作業を自分自身で対応する必要があります。たくさんの手間や労力がかかるものの、成功すれば低コストで高い収入を得られるでしょう。

オンライン

教室を設けて生徒を集めるのではなく、遠隔地にいる生徒に対してオンライン上で指導する方法もあります。広い物件を確保する必要がないため、賃料を抑えられます。通学しなくて済むため、居住地を問わず生徒の募集が可能です。

フランチャイズ

フランチャイズ本部と契約し、サポートを受けながらプログラミングスクールを運営するのもひとつの方法です。加盟料がかかりますが、さまざまなノウハウを得られます。まとまった予算を確保していて、すぐに起業したい場合はおすすめです。

プログラミングスクールの授業形式

プログラミングスクールの授業形式は、講義または個別指導です。それぞれについて解説します。

講義

講義は、一度に複数の生徒に対して指導するスタイルです。講師のペースで授業を進められるため、効率的です。

ただし、質疑応答ができる時間も少ないため、授業のレベルがあっていないと生徒の理解が追いつかない可能性もあります。

個別指導

個別指導は生徒ごとに別々に授業を進め、それぞれの理解度にあわせて指導するスタイルです。1回の授業で得られる収入は、講義よりも少なくなります。

ただし、開業直後は、講義ではなく個別指導を実施したほうが生徒との信頼関係をスムーズに構築できます。

プログラミングスクールの開業資金の目安

プログラミングスクールを開業する場合、どの程度の開業資金がかかるのでしょうか。開業パターンごとに目安を解説します。

自宅で開業する場合

自宅で開業するなら、生徒にパソコンを持参してもらうと開業資金を低く抑えられます。具体的には、30万円程度の予算を確保できれば、自宅でのプログラミングスクールの開業が可能です。

教室を用意する場合

物件を借りて教室を用意する場合は、開業資金として300万円以上が必要です。開業資金のうちの多くを賃料が占めています。最初に半年分の賃料を用意する必要があり、内装工事の費用もかかるためです。

オンラインで指導する場合

オンラインのプログラミングスクールでは生徒が使用する机や椅子などの備品を用意しなくて済むため、ほとんど費用がかかりません。ただし、授業の質を向上させるには、講師が使用するパソコン、カメラ、マイクなどの購入のためにある程度の費用をかけるべきです。

フランチャイズの場合

フランチャイズの契約を結ぶためには、初期費用として500万円程度が必要です。初期費用のなかには、フランチャイズの加盟料や物件の取得費なども含まれています。ただし具体的な加盟料の金額は契約するフランチャイズによって異なり、初期費用が少なくて済む場合もあります。

プログラミングスクールを開業するための資格

プログラミングスクールを開業する場合、特に資格は必要ありません。

ただし、開業時には税務署へ開業届を提出しましょう。開業届を提出するのは、届け出る住所を管轄している税務署です。開業届のフォーマットは国税庁のWebサイトで公開されているため、ダウンロードして必要事項を記載してください。

以下のサービスを使うと開業書類を効率よく作成することができます。

個人事業主の開業に必要な書類
  • 個人事業の開業・廃業等届出書(=開業届)
  • 事業開始等申告書
  • 所得税の青色申告承認申請書
無料の開業書類作成サービス

プログラミングスクールの開業のために必要なもの

プログラミングスクールを開業するためには、パソコンに加えて机や椅子などの備品が必要です。加えて、教室に入退室管理システムを導入すると、生徒を管理しやすくなります。

また、プログラミングスクールを運営するためには、講師自身がプログラミングに関する深い知識やスキルを身につけている必要があります。単に能力が高いだけでなく、他人へわかりやすくプログラミングを教えるための指導力もなければなりません。

プログラミングスクールの開業までの流れ

プログラミングスクールを開業するためには、さまざまな準備が必要です。ここでは、開業までの流れについて解説します。

スクールの方針を決める

プログラミングの学習に興味をもつ人は少しずつ増えているものの、ほかの習い事と比べるとまだ認知度はそれほど高くありません。そのような状況で生徒を集めるには、ターゲットや指導内容を絞る必要があります。戦略的な運営ができれば、プログラミングスクールの開業を成功させやすくなります。

教材を準備する

プログラミングスクールで使用する教材は、自作または購入しましょう。自作するには初期費用や手間もかかりますが、完成すれば使い回せるため長期的には低コストです。

購入する場合はプログラミングスクール向けの教材を選びます。完成度の高い教材を手早く入手できるものの、新しい生徒が増えるたびに購入費用がかかります。

教室や備品を用意する

開業パターンや授業形式にあわせ、教室や必要な備品を用意します。最初に定めたスクールの方針やかけられる予算を考慮しつつ、条件に合致しているものを選びましょう。

入退管理システムを導入する

教室を設けてプログラミングスクールを開業するなら、入退室管理システムがあると便利です。生徒が教室へ入退室した際の記録を残したり、入退室の情報を保護者へメールなどで通知したりできます。

また、生徒の管理だけでなく、講師のタイムカードとしても利用可能です。入退室管理システムがあれば、生徒や講師を効率的に管理できます。

集客方法を検討する

プログラミングスクールを開業したばかりの頃は、なかなか生徒が集まりません。そのため、特に最初のうちは集客に力を入れる必要があります。具体的な集客方法は後述するため、そちらを参考にしてください。

プログラミングスクールを開業する際の物件の決め方

プログラミングスクールのための教室を確保するときは、さまざまなポイントをチェックする必要があります。ここでは、物件の決め方を解説します。

電源

プログラミングスクールでは電源を使用するため、必要な電源をしっかり確保できるか確認しましょう。特に、生徒が増えても対応できるか検討する必要があります。電源は見落としやすいポイントであるため、注意が必要です。

通信環境

プログラミングスクールでは、インターネット回線で通信しながらプログラミングの指導を行います。通信環境が良好でないと、想定していた指導ができない恐れがあります。講義の質が下がれば生徒の満足度も低下するため、通信環境を重視しましょう。

プログラミングスクールの集客方法

プログラミングスクールを開業する場合、効果的な集客方法があります。具体的な集客方法について解説します。

チラシ

教室を設けてプログラミングスクール運営するなら、周辺地域の住民への周知が重要です。教室の近くや最寄り駅の前でチラシを配布すると、通学できる範囲に住んでいる人に対して効果的に宣伝できます。

SNS

プログラミングスクールとしてSNSのアカウントを開設し、生徒募集の投稿をするのもひとつの方法です。SNS上で周辺地域の飲食店などと連携して拡散を依頼すると、より効率的に教室の認知度を高められます。

プログラミングスクールを開業する際の注意点

プログラミングスクールの開業を成功させるためには、さまざまな工夫を取り入れる必要があります。最初に具体的な計画を立て、エリアマーケティングを行いましょう。地域の状況を把握し、ターゲットに即した授業を展開できるよう準備します。

また、ライバルとなるほかのプログラミングスクールの状況もチェックし、差別化を図りましょう。ほかとは違う特徴をアピールすることが大切です。

また、入退室管理システムなども導入し、業務効率化にも力を入れましょう

まとめ

プログラミングスクールを開業する場合、さまざまな開業パターンがあります。開業パターンや授業形式にあわせて、適切な準備を始めてください。

運営を成功させるためには、入退室管理システムなどを導入して業務効率化・満足度向上を図ることも重要なポイントです。

入退室管理システム 入退くんは、月額1人あたり55円の業界最安価格で利用できます。LINE通知にも対応していて便利です。初期費用はかからず無料トライアルも実施しているため、ぜひ活用してください。

入退室管理システム 入退くん