教室に生徒を集客するには?集客の流れ、方法、コツを解説

教室に生徒を集めるためには、指導だけでなく集客にも力を入れなければなりません。教室の集客方法にはたくさんの種類があり、それぞれ異なる特徴があります。この記事では、教室を運営している人に向けて、集客方法の種類や具体的なコツを解説します。教室にスムーズに生徒を集めるために、ぜひ参考にしてください。

教室に生徒を集客するには?

教室に生徒を集める方法としては、さまざまなものがあります。自分の教室に適した集客方法を選ぶためには、集客方法の種類やそれぞれの特徴とともに、具体的な活用方法も把握しておかなければなりません。

この記事では、それぞれの集客方法の種類と特徴をくわしく解説するため、よく確認して教室運営に役立ててください。

教室に集客するまでの流れ

教室に集客するためには流れを把握しておくことが大切です。ここでは、具体的な集客の流れについて解説します。

リサーチする

競合となっているほかの教室の状況についてリサーチしましょう。そのうえで自分の教室と比較し、どのような違いがあるか考察します。自分の教室ならではの強みを見つけることが大切です。ここで明らかになった強みを活かし、集客を進めるうえでしっかりとアピールする必要があります。生徒にとって魅力的な強みであれば、興味をもってもらいやすいでしょう。

体験レッスンを受けてもらう

集客方法を実践して教室の存在を周知した後は、体験レッスンへ誘導しましょう。体験レッスンに参加してもらえれば、教室の強みをさらに理解しやすくなります。体験レッスンを行ううえでは、教室のターゲットを明確にしておくことも重要です。また、体験レッスンは、無料にすると人を集めやすくなります。料金が発生する場合でも低価格に抑えましょう。

有料レッスンへ誘導する

体験レッスンでは教室の強みをしっかり伝え、通いたいと思わせることが大切です。有料会員として契約してもらえるように努力しましょう。有料レッスンの契約につなげるためには、講師のスキルはもちろん、講師の人柄教室の雰囲気も重要です。また、入会の特典を用意したり返金保証をつけたりするのもひとつの方法です。

教室の集客方法1:SNSやホームページ

教室の集客方法としては、SNSやホームページなども有効です。具体的に解説します。

SNS

SNSで教室のアカウントを作成すれば、教室やレッスンに関する幅広い情報を発信できます。たとえば、レッスンの内容だけでなく、日頃の教室の様子や生徒の作品を掲載することも可能です。

SNSには、InstagramTwitterFacebookなどさまざまな種類があります。選ぶSNSによっても利用者層には違いがあり、たとえばInstagramは若い女性のユーザーが多い傾向があります。教室のターゲットが多く利用していそうなSNSを選びましょう。

各SNSの法人向け紹介ページ

ホームページ

教室のホームページを作成し、教室に関するくわしい情報をまとめるのもおすすめです。ホームページがあれば、検索エンジンから教室を検索した人にチェックしてもらえます。ブログも更新すると、教室の様子や講師の人柄も伝えることが可能です。

ただし、検索エンジンの検索結果で上位に表示されるまでには、時間もかかります。ホームページを作成したばかりのうちは、なかなかアクセス数も増えないでしょう。ホームページは長期的な目線で更新すべきです。

低価格で塾向けのサイトを作成できるサービス

当コラムを運営するBPS株式会社では、Webサイトの制作を受け付けています。
参考:BPSのWebサイト制作実績

新規Webサイトの立ち上げ運用中のWebサイトのリニューアルを検討している方は、お気軽にご相談ください。

≫ デザイン×Webサイト制作 | Webデザイン制作はBPS

ネット広告

ネット広告を出せば、教室についてすぐに多くの人へアピールできます。たとえば、リスティング広告なら、検索エンジンで検索されたキーワードに連動して表示されます。教室に興味をもちそうな相手に対して優先的に広告を表示できるため、高い効果を期待できるでしょう。特定の地域のユーザーのみに広告を配信することも可能です。

ネット広告に出稿するには費用もかかります。しかし、リスティング広告のように低予算から利用できる広告を選べば、予算や求める効果に応じて費用を調整できます。

検索結果に広告を表示できるサービス

教室の集客方法2:オフラインでの宣伝

教室への集客のためには、オフラインでの宣伝も効果があります。ここでは、オフラインでの宣伝について解説します。

チラシ

チラシは、教室に近いエリアのみに絞って配布できます。実際に教室へ通える人へ情報を届けられるため、効果的です。たとえば、新聞に折り込んだり、自らポスティングしたりして配布する方法があります。

チラシを作成するときは、必ず問い合わせ先を明記しておきましょう。興味をもった人が連絡できるようにするためです。また、SNSやホームページも掲載しておけば、気軽に詳細を確認してもらえます。

フリーペーパー

フリーペーパーは地域限定で配られる情報誌です。フリーペーパーへの広告掲載は、比較的安い費用で依頼できます。そのため、さまざまな教室が広告を掲載しています。

フリーペーパーは無料で配布されるので、教室周辺に住んでいる多くの人に見てもらえる可能性が高いです。ただし、ほかにもさまざまな広告が掲載されているため、埋もれてしまうおそれもあります。ほかの広告に負けない魅力的な情報を掲載しましょう。

教室の集客方法3:口コミ・紹介

教室のレッスンに対する生徒からの評価が高まれば、積極的に宣伝しなくても口コミで自然に評判が広まります。その結果、生徒の集客がスムーズに進むようになるでしょう。

また、すでに生徒としてレッスンに通っている人に新しい生徒を紹介してもらうのもひとつの方法です。友人同士は価値観が似ている場合が多いため、教室のレッスンに対して興味をもってもらえる可能性が高いです。

リアルな口コミのほか、気軽に検索されるようになった現在ではネット上の口コミも集客できるかどうかを左右します。口コミサイトの中でも広く利用されているサービスとして、Google マップとYahoo!マップがあります。これらはそれぞれ以下のサイトから教室の管理者であることを確認することで、運営者として口コミに返信することができます。

登録先主な表示場所
Google ビジネス プロフィールGoogle 検索、Google マップ
Yahoo!プレイスYahoo!検索、Yahoo! MAP、Yahoo!ロコ

教室への集客を成功させるためのポイント

教室への集客を成功させるには、さまざまなことを意識する必要があります。具体的なポイントを解説します。

ライバルとの違いを明確にする

教室に興味をもってもらうためには、自分の教室ならではの魅力を打ち出すことが大切です。ライバルとの違いを明確にしたうえで、ほかにはない特徴やメリットを洗い出しましょう。ここで重要なのは、生徒から見て魅力的に見えるかどうかです。生徒の目線に立ち、どのような教室に魅力を感じるかイメージしましょう。

ターゲットを具体的に定める

集客するうえでは、ターゲットも具体的に定める必要があります。教室でどのような生徒を対象にしているのか明確に意識しましょう。ターゲットによっても、効果的な宣伝の方法は異なります。ターゲットの目に入りやすい方法で宣伝し、ターゲットに響く内容を示すことが大切です。常にターゲットを意識して集客しましょう。

ペルソナをイメージする

ターゲットがどのような人物なのか明確にするためには、さらにペルソナをイメージすると効果的です。たとえば、教室のターゲットが20代の女性である場合、年齢、家族構成、職業、収入などの細かいプロフィールを考えます。ペルソナとして具体的な人物を想定すると、よりターゲットに響きやすい宣伝ができます。

訴求するポイントを意識する

ペルソナに対し、何をどのようにアピールすればいいか考えましょう。ペルソナによって響く内容は異なります。また、教室として訴求したいポイントによっても、効果が出やすいメッセージの書き方は変わってくるでしょう。ペルソナとアピールしたい内容を考慮しながら、最も魅力的なメッセージを考える必要があります

教室の方針を決める

教室へ集客するうえでは、教室の方針も明確に定めておく必要があります。レッスンの内容はもちろん、スケジュール料金体系についても細かく定めておきましょう。教室の方針は、生徒がレッスンに通うかどうか決める際の重要な指針となります。教室の方針が曖昧だと入会しにくいため、わかりやすく定めることが大切です。

集客計画を立てる

集客はただ取り組むのではなく、明確な計画を立てたうえで取り組みましょう。いつまでに何人を集めるかについて目標を決めてください。目標があれば、具体的にどのような取り組みが必要か考えやすくなります。また、集客方法を実行するだけでなく、レッスンの内容も見直してターゲットにマッチする内容になるようにしましょう。

まとめ

教室の集客方法としてはさまざまなものがあります。それぞれの特徴を理解し、自社に適した集客方法を実践しましょう。

教室の運営を成功させるには集客だけでなく、管理体制も強化する必要があります。「入退室管理システム 入退くん」は、業界最安価格の月額1人あたり55円で利用できます。初期費用は無料です。LINE通知にも対応しているため、幅広く活用できます。教室の運営をスムーズに進めるために、ぜひ導入してください。

入退室管理システム 入退くん