塾の効率化に役立つ生徒管理システム16選!主な機能や選び方も解説

塾の業務を効率化するうえでは、生徒管理システムを導入すると高い効果を期待できます。生徒管理システムでは、生徒に関するさまざまな情報の管理が可能です。

この記事では、生徒管理システムの特徴とともに、おすすめのシステムを紹介します。最適な生徒管理システムを選ぶために、ぜひ参考にしてください。

塾の運営に役立つ生徒管理システムとは?

塾を運営するうえでは、生徒について管理すべき情報がたくさんあります。

  • 生徒の個人情報
  • 出欠席記録
  • 成績
  • 指導記録

このような様々な情報の管理が必要です。生徒管理システムを導入すると、管理業務の効率化や自動化を実現できます。

生徒管理システムの主な機能

生徒管理システムには、どのような機能があるのでしょうか。ここでは、生徒管理システムの具体的な機能について解説します。

生徒管理システムの主な機能
  • 成績管理
  • 出欠管理
  • 月謝の徴収管理
  • 保護者対応管理
  • 体験・短期プランの入会管理

成績管理

生徒管理システムでは、生徒それぞれの成績を管理できます。試験の結果をまとめてアップロードすれば、各生徒の管理画面に成績の情報の紐付けが可能です。

出欠管理

パソコンから生徒管理システムの画面を開くだけで、簡単に出欠状況を入力できます。また、入退室管理システムと連携させ、自動的に出欠席の状況を記録する方法もあります。

以下の記事では塾向けの入退室管理システムに焦点を当てて各サービスを比較しています。

月謝の徴収管理

生徒管理システムによっては、月謝の徴収を自動化できる場合もあります。直接現金を回収するのではなく、口座振替やクレジットカード決済で対応するため、ミスや徴収漏れの防止にも役立ちます。

保護者対応管理

生徒管理システムを活用すれば、保護者への連絡もスムーズです。生徒管理システムで管理している情報を抽出して、メールやLINEで一斉に送信できる機能もあります。

また、生徒に関する情報をWebページにまとめ、保護者が自由に閲覧できるようにする方法もあります。

体験・短期プランの入会管理

生徒管理システムのなかには、インターネット上で無料体験や短期プランの入会手続きができる機能を備えているものもあります。

定員を超えたら自動的に募集を停止できるようになっています。新しい生徒の入会に関する情報の管理も可能です。

生徒管理システムを導入するメリット

塾では生徒に関するさまざまな情報を管理する必要があり、手作業で対応しようとする手間がかかります。

生徒管理システムを導入すれば、生徒の管理作業にかかる負担を大幅に削減可能です。管理作業にかかる時間が減れば、余った時間を生徒の指導やさらなる生徒の集客施策のために有効活用できます。

規模に応じた生徒管理システムの選び方

生徒管理システムを選ぶときは、塾の規模にあわせる必要があります。

ここでは、規模ごとに生徒管理システムの選び方を解説します。生徒数が多いほど管理の手間が増え、複雑になりやすいため、多くの機能を有する生徒管理システムを利用するか、複数のシステムを組み合わせて使うようにしましょう。

生徒数が30人以下の場合

生徒数が30人以下であれば、手作業で管理してもそれほど負担は大きくありません。生徒管理システムを導入する場合は費用対効果を考慮し、コストが割高にならないように注意する必要があります。

生徒数が100人以下の場合

生徒数が100人以下の塾ですべての管理作業を手作業で行うと、ある程度の手間や時間がかかります。特に、成績の管理や月謝の徴収作業は煩雑になりやすいため、生徒管理システムで対応したほうが効率的です。

生徒数が500人以下の場合

生徒数が500人以下の場合、生徒に関する情報を人の力だけで管理するのは大変です。成績や月謝の管理だけでなく、出欠や指導の管理もできる生徒管理システムを導入しましょう。講師の数も多いため、講師管理にも対応している生徒管理システムを選ぶとより便利です。

生徒数が500人超の場合

生徒数が500人を超えているなら、生徒の情報を管理するだけでもたくさんの手間や時間がかかります。

  • 成績管理
  • 月謝徴収管理
  • 出欠管理
  • 指導管理
  • 講師管理
  • 教室管理

このような幅広い情報を管理できる生徒管理システムが必要です。

塾におすすめの生徒管理システム16選

生徒管理システムとしては、さまざまな種類があります。ここでは、塾におすすめの生徒管理システムを紹介します。

入退室管理システム 入退くん

入退室管理システム 入退くんでは、塾の生徒や講師の入退室を管理できます。費用は利用者単位で発生し、1人あたりの料金は月額55円です。

LINEへの通知機能や、入退室するごとにポイントを付与する機能もついています。ほかのシステムとも連携できるため、幅広く活用できます。コストを抑えて手軽に導入したい人におすすめです。

Comiru

Comiruは、塾の月謝の徴収ができるシステムです。請求書の発行ができ、口座振替やカード決済などで月謝を徴収できます。

LINEへの通知にも対応しており、保護者とのスムーズなコミュニケーションのためにも役立ちます。

マイクラス

マイクラスは、生徒管理や講師管理に対応しているオールインワンのシステムです。成績管理や出欠管理などの基本的な機能に加え、日報の作成や教室の予約状況なども管理できます。講師に対する謝金の支払いにも対応しています。

Kazasu

Kazasuでは、カメレオンコードとよばれるコードを利用する入退室管理システムです。通塾の記録を写真付きのメールで保護者に通知する機能もついています。オンラインでの面談予約にも対応しています。

ExGrow

ExGrowは、入退室管理やスケジュール管理などの機能をまとめて利用できるシステムです。月謝や見込み客の管理にも対応しています。セキュリティ対策に力が入れられており、生徒の情報を安全に管理できます。

スクールアシスト

スクールアシストは、ICカードを使って入退室を管理するシステムです。nanacoやSuicaなど生徒がもともと所有しているICカードを登録できます。保護者も生徒の入退室を確認でき、ポイントが貯まるサービスもついています。

wagaco

wagacoは、成績管理や出欠管理などの機能を備えているシステムです。指導報告書を効率的に作成するための機能も備えています。保護者が塾に連絡しやすくするための予約機能がついている点も特徴的です。

reco

recoは、主に入退室管理ができるシステムです。生徒の学習記録にも対応しており、保護者への指導報告書を作成するための機能もついています。ただし、iPadでしか操作できない機能もあるため、専用のiPadが必要です。

Platinum School

Platinum Schoolは、出欠席管理や成績管理などに対応しているシステムです。予約機能もついており、契約内容もシステム上で管理できます。オンライン授業を行う場合は、URLの自動送信も可能です。

TechnoSMS

TechnoSMSは、生徒管理や講師のスケジュール管理などができるシステムです。請求管理や売上管理など、塾の運営に関わる業務も管理できます。塾の管理業務を同じシステムでまとめて行いたい場合に向いています。

COMP

COMPは、成績管理や入退室管理など幅広い機能を備えているシステムです。機能は20種類以上ありますが、必要なものを選んで利用できます。選んだ機能の料金しかかからないため、経済的です。

通塾メール

通塾メールは、生徒の通塾状況を保護者に通知するためのシステムです。メールのテンプレートは最大100種類登録できます。ほかのサービスとも連携すれば幅広い業務の効率化が可能です。

テトコお教室マネージャー

テトコお教室マネージャーは、予約受付や入金管理に対応しているシステムです。リマインドメールも配信できます。料金は一律で、システムに登録する生徒数が増えても料金は変化しません。生徒数が多いほどお得に利用できます。

レッスンファースト

レッスンファーストは、予約管理や入金管理などができるシステムです。予約を24時間365日受け付けられます。入金は口座振替に対応しており、入金状況もひと目で把握できるようになっています。

FreeLesson

FreeLessonは、主に予約管理に対応しているシステムです。生徒管理も可能であり、オンライン授業にも対応しています。また、クレジットカードによるオンライン決済にも対応可能です。大手の塾でも、効率的に管理業務を進めるために活用できます。

会費ペイ

会費ペイは、月謝の徴収ができるシステムです。初期費用や月額費用はかからず、決済ごとに料金が発生する仕組みです。そのため、実際の状況に応じて無駄なく利用できます。

まとめ

塾の運営を効率化するためには、生徒管理システムを導入すると便利です。生徒管理システムにはさまざまなものがあり、機能も異なります。塾の状況を考慮し、最適なシステムを選びましょう。

入退室管理システム 入退くんは、塾の入退室管理をスムーズにします。LINE通知にも対応しており、保護者との連携のためにも役立てられます。初期費用は無料であり、無料のトライアルも利用できるため、ぜひ導入を検討してください。

入退室管理システム 入退くん