塾経営で生じやすい悩みは?解決策や押さえておきたいポイントとともに解説

塾経営を軌道に乗せるためにはさまざまなことを考える必要があり、悩みも多く生じます。

この記事では、これから塾を開業したいと考えており、塾経営者はどんなことで悩むのか知りたい人へ向けて、塾経営の悩みやその解決策を解説します。

塾経営に対する不安を解消するために、ぜひ参考にしてください。

塾経営を取り巻く状況

塾経営を取り巻く状況は厳しくなっているといわれています。少子化が進んでおり、生徒を集めるのに苦労している塾も少なくありません。競合も多いため、生徒の奪い合いになる場合もあります。

また、塾を運営するための人手が不足しており、苦労している塾も存在します。人手を確保するためには高い人件費を払う必要があるため、経営のバランスを取りにくくなるケースもあるようです。

さらに、入試や教育システムの改革も進んでおり、変化する状況への対応にも課題があります。

塾経営の悩み・解決策1:相談できる相手がいない

塾経営者のなかには、問題が生じても相談できる相手がいないと悩んでいる人も多いです。具体的な悩みの内容と解決策について解説します。

悩み

塾経営に限らず事業を営んでいる経営者は、さまざまなことを1人で決定する必要があります。判断に迷っても人に相談できないため、辛いと感じるケースもあります。

経営者として塾を運営するためには、物事をしっかり考え抜く力とともに強い精神力が必要です。特に最初のうちはわからないことが多く、不安を感じる場面も多いです。

解決策

塾経営を始める前に、経営者を取り巻く状況について正しく理解しておきましょう。どの経営者も、同じように孤独を感じながら目の前の状況に対応しています。

少しでも不安を解消するためには、経営者の仲間を積極的に作るのがおすすめです。塾の経営者でなくても構わないため、経営者として同じ立場から話ができる相手をみつけましょう。

独自の塾を開業することにこだわらないのであれば、フランチャイズ方式の検討も一つの手です。フランチャイズを利用すると、開業場所の選定から塾講師アルバイトの採用、生徒集客まで本部のサポートが得られます。

塾経営の悩み・解決策2:生徒・保護者との関係がうまくいかない

塾経営では、生徒や保護者との関係性に悩む場面もあります。具体的な悩みの内容と解決策について解説します。

悩み

塾の経営者は、経営者だけでなく講師の役割も兼務する場合が多いです。しかし、経営者と講師はもともと別の立場であるため、どのような距離感で生徒や保護者と関わればいいか悩むケースも少なくありません。

塾に通い続けてもらうためには生徒や保護者と良好な関係を保つ必要があり、その対策に悩む経営者が多いです。

解決策

生徒や保護者との距離感は、近すぎても遠すぎてもよくありません。生徒や保護者と程よい距離を保ちながらコミュニケーションをとることが大切です

距離感や関係性だけにこだわるのではなく、塾の目的にフォーカスして指導者としての役割を果たしましょう。塾は成績を伸ばすための場所であるため、その効果をきちんと発揮できれば塾に対する評価は自然に高まります。

塾経営の悩み・解決策3:生徒が集まらない

塾経営を始めても、なかなか生徒が集まらないケースもあります。ここでは、その場合の悩みと解決策について解説します。

悩み

個人で塾経営を始めると、最初は知名度が低いためなかなか生徒が集まりません。塾は生徒が集まらないと売上も増やせないため、集客について悩む経営者が多いです。

そもそも最初からたくさんの生徒を集めるのは難しく、コツコツ集客のための取り組みを続けていかなければなりません

解決策

生徒を集めるためには、塾のコンセプトをはっきりさせる必要があります。ほかの塾との差別化になり、塾の魅力が伝わりやすくなるからです。

また、宣伝を積極的に行う必要があります。折込チラシやポスティングなどで広告を運用するだけでなく、体験授業や説明会などを開催するのも効果的です。さらに、授業の質を上げて評判も高めましょう。

塾経営の悩み・解決策4:講師が集まらない

講師がなかなか集まらず、人手不足に悩んでいる塾も増えています。具体的な悩みの内容と解決策を解説します。

悩み

生徒数が増えてくると、自分1人だけで授業を担当したり事務作業を進めたりするのは困難になります。その場合、新しい講師を確保する必要がありますが、塾の講師は激務であるため、なかなか人手が集まらないケースも多いです。講師を確保できないと、1人で対応すべき業務が多すぎて経営にも影響が出る恐れがあります。

解決策

塾の人材不足を解消するためには、講師が働きやすい環境を整備する必要があります。塾の具体的な戦略をわかりやすく示したり、業務を効率化するためのシステムを導入したりしましょう。

労働環境がしっかり整っていれば、生徒のために塾講師として活躍したいと思っている人材を集め、長く続けてもらいやすくなります。

塾経営の悩み・解決策5:休みが少ない

塾の運営は忙しく、特に開業当初はなかなか休みがとれない可能性があります。具体的な悩みの内容と解決策について解説します。

悩み

塾を開業したばかりのうちは、塾の戦略を強化したり、集客に力を入れたりする必要があります。対応すべき作業が多いため、塾経営者はほとんど休みが取れない場合も少なくありません。たとえ休みが取れてもつい仕事について考えてしまい、ゆっくり休めない可能性があります。

解決策

塾に限らず、事業を開始した当初は忙しいのが当たり前です。自分で塾を開業するなら、数年は休めないと覚悟しておかなければなりません。

ただし、あまりにも無理をしすぎると、体を壊すリスクもあります。多少余裕があるときは強制的に休みを取り、リフレッシュできるようにしましょう

塾経営を軌道に乗せるためのポイント

塾経営を軌道に乗せるためには、どのようなことを意識すればいいのでしょうか。具体的なポイントを解説します。

経営方針をきちんと定める

塾を経営するうえでは、経営方針を明確に定める必要があります。塾のコンセプトを考え、どのような塾にしたいか決めてください。たとえば、生徒に対して伝えたいことを紙に書き出してみましょう。

その内容をもとにして塾のイメージを固めていきます。経営方針をきちんと定めておけば、生徒にとって魅力的な塾を作りやすくなります。

一般的な学習塾ではなく、英語や理数系科目など、特定の分野に特化した塾にするのも一つの手です。

綿密な計画を立てる

目標とする売上や利益を達成するためには、綿密な計画が必要です。まずは、長期計画を立て、最終的な目標を実現するためにはどのようなことを達成する必要があるか考えましょう。

細かい目標を決めれば、具体的にどのようなことに取り組めばいいかわかりやすくなります。必要なことにコツコツ取り組み、目標達成を目指しましょう。

マーケティング戦略を検討する

塾の経営においても、マーケティングは重要です。塾に通える範囲の生徒数を確認し、ターゲットを探します。ターゲットの選び方によって塾の経営に大きな影響が出る可能性があるため、要注意です。また、ターゲットが決まったら、ターゲットにあわせた授業内容を考えましょう。

塾経営の成功のために押さえておきたい集客方法

塾経営を成功させるためには、集客に力を入れる必要があります。特に押さえておくべき集客方法について解説します。

チラシ

塾の集客方法として最も一般的なのは、チラシの配布です。各テストや夏季講習・冬季講習などのタイミングにあわせてチラシを配布すると、生徒や保護者が興味をもつ可能性が高まります。塾の魅力を端的に伝えるような内容のチラシを作成しましょう。

なお、チラシを配布するには人手がかかります。配布を依頼するスタッフを確保し、スムーズにチラシを配れるようにしてください。

ブログ

最近はブログを更新している塾も増えています。ブログにはさまざまな情報を詰め込めるため、塾の教育方針や考え方などもくわしく伝えられます。塾に興味をもっている生徒や保護者がみる可能性が高く、ブログの内容は入塾を判断するための重要な材料のひとつです。写真も交えながら、塾の様子がわかるようにしましょう

低価格で塾向けのサイトを作成できるサービス

紹介サイト

塾の情報をまとめている紹介サイトに登録して宣伝する方法もあります。なかには、塾の基本的な情報とともに、生徒や保護者が口コミを記載できるようになっている紹介サイトも存在します。登録費がかかる場合もあるため、費用対効果を見極めたうえで利用しましょう。

紹介サイトの利用が向いているのは、すでに塾経営を何年も継続しており、規模をさらに拡大したい場合などです。

まとめ

塾経営ではさまざまな悩みが生じる可能性があります。多くの経営者が同じ悩みを抱えるため、今回解説した解決策を参考にしながら乗り切りましょう。

塾を開業する場合は、事前に必要な設備について調べておくことも大切です。BPS株式会社の入退室管理システム 入退くんは、学習塾や習い事向けに提供されている入退室管理システムです。LINE通知にも対応しており、便利に活用できます。初期費用がかからず1人あたり月額55円で利用できるため、ぜひ導入を検討してください。

入退室管理システム 入退くん